【初心者必見】冬キャンプで使う石油ストーブの給油方法を解説inガソリンスタンド

oil stove ストーブ
スポンサーリンク

こんにちは、ぴーぱぱです。

 

寒い日が続いてきましたね。

冬キャンプはメリット盛りだくさんです。

・虫がいない

・キャンプ場が空いてる

・空気が澄んでる

などなど色々なメリットがある一方・・・

 

寒いっ

 

そうです。冬は寒いんです。

そんな中、救世主になってくれるのが石油ストーブですね。

石油ストーブを購入したけど、

「どうやって灯油を購入すればいいのかわからないよー」っという初心者キャンパーのために、

実際にぴーぱぱが灯油をガソリンスタンドで購入してきました。

参考になれば幸いです。

ぴーぱぱ
ぴーぱぱ

私も最初まったくわかりませんでした笑

 

スポンサーリンク

ガソリンスタンで石油ストーブの給油方法を解説

oil stove

では、さっそくこちらの瑞穂化成工業 扁平缶 両口 5L ノズル無 モスグリーン 0205MGを使用してガソリンスタンドで給油したいと思います。

 

oil stove

こちらがガソリンスタンドの端っこにある灯油スタンドです。

本日はエネキーでおなじみの、ENEOSのガソリンスタンドにきました。

 

oil stove

まずは決済方法を選びます。

私はEneKeyを選びました。

 

oil stove

エネキー♪

(心の中で叫びましょう)

 

oil stove

最小単位が1,000円で9㍑です。

私のポリタンクは5㍑なので選ぶことができません。

 

oil stove

個数指定ボタンを押しても、5㍑の表示ボタンはでてきません。。。

 

oil stove

なので・・・

満タンFill Upボタンを押しましょう

このボタンを押すことで、任意の量で止めることができます。

 

oil stove

まずキャップ置きにキャップを置きます

 

oil stove

次にポリタンクを灯油タンク置き台において、給油を開始します。

 

oil stove

途中で止まらないので、あふれないので注意しながら少しづつ給油します。

(夜だとよく見えないと思うので日中の明るい時間に給油することをおすすめします)

 

oil stove

あら。。。

5㍑容量のポリタンクだったのですが、6㍑近く入ってますね。

ぴーぱぱ
ぴーぱぱ

灯油価格も参考にしてください

 

ちなみに私はこちらの石油ストーブを使用しています↓

alpaca

アルパカストーブって言うんですけど、タンク容量が3.7㍑です。

なのでキャンプ一泊と考えると5㍑のポリタンクがちょうどよさそうですね。

ちなみに燃焼継続時間は約10時間です。

一時間あたり約370mlとすると、今回5.82㍑入ったので約16時間くらいはいけそうですね。

1泊2日で約600円で暖をとれる石油ストーブってコスパいいですよね。

 

今回登場したキャンプ用品

アルパカストーブ

 

瑞穂化成工業 扁平缶 両口 5L ノズル無 モスグリーン 0205MG

 

まとめ

本日は、【初心者必見】冬キャンプで使う石油ストーブの給油方法を解説inガソリンスタンドをご紹介しました。

これから冬キャンプに向けて石油ストーブを使用するあなたのために記事を書きました。

少しでもお役に立てたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました