バイオエタノールがこれからのキャンプの焚き火&暖炉の代わりに

キャンプトピック
スポンサーリンク

こんにちは、ぴーぱぱです。

 

本日は近い将来バイオエタノール焚き火やバイオエタノール暖炉が、新しい焚き火の形になるのではないかというお知らせです。

 

スポンサーリンク

バイオエタノールがこれからのキャンプの焚き火&暖炉の代わりに

引用元:https://www.snowpeak.co.jp/

 

こちらは、スノーピークから2021年に発売される「火焔ストーブ サカン」です。

燃料はバイオエタノールを使用しています。

 

ここでバイオエタノールってなんぞやって方もいると思うので簡単にご紹介します。

 

バイオエタノールとは?

引用元:https://ecosmartfire.mmlproducts.com/

 

バイオエタノール」とは、バイオマス(トウモロコシ・サトウキビ等の植物由来の資源)からつくられるアルコールの事で、バイオマスを発酵・蒸留する事でつくられます。

石油等の化石燃料のように限りある資源を使う事がない為、枯渇しない「再生可能資源」として注目されている燃料です。

 

バイオエタノールが燃焼すると、二酸化炭素が発生します。

この二酸化炭素は、バイオエタノールの原料となる植物によって吸収され、光合成によって植物を成長させる糧となります。

石油等の化石燃料のように有害な物質を排出する事がなく、エネルギーの生成と燃焼を繰り返す事が出来る「カーボンニュートラル(燃焼して発生する二酸化炭素と、原料が吸収する二酸化炭素が同等の量である事)」な燃料なのです。

 

キャンプで使うバイオエタノールのメリットとデメリット

メリット

1、安全

なぜ安全かと言うと、バイオエタノールは二酸化炭素と水しか出ないからです。

なのでテントの中でも煙突無しで使用することができます!

家の中だっていけちゃいます。でも換気は必要ですよ。

 

2、手軽

使い方はアルコールと同じで火をつけたら、蓋をするだけですぐ消えます。

 

3、調理ができる

スノーピークのサカンなら調理をすることもできます!

 

デメリット

1、高額

初期投資の暖炉も中々の金額がしますが、燃料のバイオエタノールも薪と比べるとまだまだ高額です。

スノーピークを例にして考えてみます。

引用元:https://www.snowpeak.co.jp/

 

バイオエタノールを使用した暖炉のサイトを覗くと・・・

およそ1リットルで3時間ぐらい燃焼するようです。

なので一概には言えないのですが、3時間で2,000円はかかりそうですね。

 

2、火力が弱い

薪と比べると火力が弱いようです。しかし煙突がないため循環して暖かくなるそうです。

 

バイオエタノール暖炉のご紹介

オンラインで購入することができるカッコいいバイオエタノール暖炉をいくつかご紹介します。

見てるだけでも楽しいですよね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

値段はかなりお高めですが、ふるさと納税の返礼品としても購入できます^^

 

まとめ

本日は、バイオエタノールがこれからのキャンプの焚き火&暖炉の代わりにをご紹介しました。

二酸化炭素と水しか排出しないメリットは大きいですよね。

炎のユラユラしている感じも癒されますね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました