キャンプで石油ストーブがいい3つの理由とおすすめの石油ストーブ4選

商品紹介
スポンサーリンク

こんにちは、ぴーぱぱです。

 

一般的にキャンプシーズンといえば春から秋にかけてやる方がほとんどだと思います。

しかし・・・

そんな中でも虫が少ない、キャンプ場が空いているなどの理由から冬を好むベテランキャンパーさんがいます。

この差ってなんだと思いますか?

結論、暖をとれるストーブがあるか無いかです。

いくら虫がいなくて快適でも氷点下の中でキャンプしたら凍え死んじゃいますからね。

ストーブの種類も様々で、代表的なのが薪ストーブ、石油ストーブ、ガスストーブなどです。

今回は初心者でも取り扱いが比較的簡単な石油ストーブをご紹介します。

 

スポンサーリンク

キャンプで石油ストーブがいい3つの理由

storb

理由① 燃料のコスパがいい(燃費がいい)

石油ストーブの熱源は灯油です。

薪やガス缶を使うストーブよりも安く暖をとることができます。

また家庭で灯油を使用されていれば、そのまま使えるのもいいですよね。

 

理由② 点火が楽で暖かい

薪ストーブと比較すると暖かさでは劣るけど、圧倒的に点火が楽ちん

ガスストーブと比較すると手間では劣るけど、圧倒的に暖かい

そんないいとこどりの石油ストーブです。

 

理由③ 調理もできる

石油ストーブの上面に水の入った鍋を置くことでお湯を沸かすことができます。

乾燥しがちな冬で加湿の役割もになってくれます。

 

結論 薪ストーブとガスストーブのいいとこどり

薪ストーブは雰囲気はいいけど、「寒っ!」て起きた時に火がつくまでに手間と時間がかかりすぎ、ガスストーブは手軽で火付けもいいけど、暖かくない・・・

そこで登場する石油ストーブは、薪ストーブとガスストーブのちょうど中間的なポジションにあり、2つのいいとこ取りって感じです。

 

ぴーぱぱ
ぴーぱぱ

初心者の方でも比較的扱いが簡単で、すぐに暖かくなるのでいいですよね

キャンプで使うおすすめの石油ストーブブランド4選

アルパカストーブ

alpaca

引用元:https://alpaca.co.jp/

まずはなんと言っても火力が強いところがアルパカストーブの魅力です。

今回オススメする4つのストーブの中でダントツです。

燃焼時間も長く、軽量でコンパクトなので持ち運びも楽ちんです。

昔からキャンパーさんに愛されるおすすめの一台です。

現在2021年度のnewアルパカストーブ予約受付中です!

ぴーぱぱ
ぴーぱぱ

僕の今年の大本命です!

 

 

サイズ:350×350×405(h)mm

重量:約6.6kg

● 点火方式:点火用ライターまたはマッチ
● 使用燃料:灯油(JIS1号)
● 燃料消費量:3kW(0.29L/h)
● 暖房出力:3kW
● 油タンク容量:3.7L
● 燃焼継続時間:約10時間

 

フジカハイペット

fujika

引用元:http://www.fujika.co.jp/html/products01_kheater.html

アルパカストーブと似ていて、こちらもコンパクトで燃焼時間が長いです。

キャンパーさんに人気のある一台です。

欠点としては発注してから届くのに1〜2年以上かかることです。

サイズ:310×310×432(h)mm

重量:約5.6kg

● 点火方式:マッチ及びガスライターによって点火
● 使用燃料:灯油(JIS1号)
● 燃料消費量:2.5kW(0.26L/h)
● 暖房出力:2.5kW
● 油タンク容量:3.6L(Max4.1L)
● 燃焼継続時間:約10〜12時間

 

トヨトミストーブ

toyotomi

引用元:https://www.toyotomi.jp/

暖房器具の国産ブランドで、比較的リーズナブルで購入する事ができます。

なかでもレインボーストーブは炎が虹色に光りきれいです。

サイズ:388×388×486(h)mm

重量:約6.2kg

● 点火方式:電池点火(単二形乾電池4個・別売)
● 使用燃料:灯油(JIS1号)
● 燃料消費量:2.5kW(0.243L/h)
● 暖房出力:2.5kW
● 油タンク容量:4.9L
● 燃焼継続時間:約20時間

 

スノーピーク

snowpeak

引用元:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

日本を代表するアウトドアブランドのスノーピークです。

数は多くないのですが、シェルターによっては中で使用することが可能です。

スノーピークファンに絶大に人気です。

サイズ:388×388×474(h)mm

重量:約5.9kg

● 点火方式:電池点火(単二形乾電池4個・別売)
● 使用燃料:灯油(JIS1号)
● 燃料消費量:2.54kW(0.247L/h)
● 暖房出力:2.54kW
● 油タンク容量:4.9L
● 燃焼継続時間:約20時間

 

石油ストーブの種類と3つの選ぶポイント

簡単に石油ストーブについて説明します。

選ぶ際の参考にしてくださいね。

石油ストーブの種類

石油ストーブは大きく対流式反射式の2つに分けることができます。

対流式とは

対流式は、部屋全体をじんわりと暖める用途に向いています。

反射式より価格が高価な傾向にあります。

対流式はの利点は空間全体を暖めるのが得意なところです。

大きなテントやワンポールテント用に向いています。

欠点として熱が上の方に行くため、足元が寒いなんとことも。

そんなときは、エコファンを回せば下の方も暖まるので便利です。

反射式とは

反射式は、熱を前方に放射し、直接的に暖めます。

主に壁際に置いて使用します。

価格が安く四角い形状なので車の積載も比較的ラクです。

欠点としてはテント全体を暖めるのに少し時間がかかります。

そのため大きなテントには不向きです。

 

石油ストーブを選ぶ3つのポイント

・デザイン

まずは直感で、「これだっ!」というお気に入りのストーブを探していきましょう!

ストーブがあるキャンプライフを妄想しながら、お気に入りの一台を見つけます。

 

・サイズ

冬のキャンプは夏のキャンプよりも防寒を強いられるので、衣服や寝具の積載量が増えます。

そこにストーブが加わるので車の積載問題は避けては通れない問題です。

積載に余裕がなければサイズダウンも検討しましょう。

 

・安全面

地震や転倒の時に役立つ自動消火の機能がついているモデルをおすすめします。

また灯油漏れ防止機能がついたモデルもあるので検討してみてください。

また就寝時は一酸化炭素中毒予防のためにも使用を控えましょう。

 

おすすめ石油ストーブのオンライン購入先

newアルパカストーブ 2021年度予約受付中

 オリーブ

引用元:引用元:https://alpaca.co.jp/

※公式サイトが最も安く、ヤフーとアマゾンがそれに続きます。

ヤフーポイントが有る方やペイペイ払いならヤフーショッピング、アマゾンポイントが有る方はAmazonでの購入がおすすめですね。

今なら11月までの予約で、一年間の保証もつくので安心ですね

 

フジカハイペット

引用元:http://www.fujika.co.jp/html/products01_kheater.html

フジカハイペットは電話注文のみの受付です。

オンライン注文はありません。

商品到着まで1〜2年待ちは覚悟しましょう。

更にクレジットカードは使えず、現金代引きのみなので気をつけましょう。

 

トヨトミ レインボーストーブ

比較的購入しやすく価格も安いのでいいですね。

 

スノーピーク グローストーブ

ストーブのみ

ストーブ+ケース

以前のモデルよりも火力がアップしてより暖かくなりました。

 

まとめ

本日は、キャンプで石油ストーブがいい3つの理由とおすすめの石油ストーブ4選をご紹介しました。

冬キャンプにチャレンジしてみたいけどストーブが無くてデビューできないという方の、少しでもお役に立てれば幸いです。

夏とはまた違ったキャンプライフを楽しんでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました