【手軽で簡単キャンプ飯】牛乳パックでホットドックを作るカートンドッグの作り方

キャンプと料理
スポンサーリンク

「焚火を使って簡単に料理したい~」

「手軽においしいキャンプ飯を作りたい~」

「子どもうけするご飯を食べさせたい~」

 

本日は、牛乳パックがあれば簡単に手軽にホットドッグが作れるというカートンドックを作ってみたいと思います。

写真多めですがよかったらお付き合いを・・・

 

スポンサーリンク

牛乳パックを使ってカートンドッグを作ってみよう!

 

 

材料 (1人分)

牛乳パック:一つ

アルミホイル:適量

ホットドックパン:一つ

ウインナー:二つ

ケチャップ:適量

マスタード:適量

 

作り方

1、ドッグロールをアルミホイルの上にのせる
2、ウインナーを2本入れる
3、ドッグロールをアルミホイルで2周巻く(空気の通り道ができるようにフワッと)
4、牛乳パックにアルミホイルで巻いたドックロールを入れる
5、牛乳パックを斜めに立て(燃えやすいため)、口側から火をつけて燃やす
6、しばらく待って牛乳パックがすべて燃えたら完成

 

パンをアルミホイルの上にのせま~す

 

パンにウインナーをINします

 

アルミホイルでグルグルっと2周巻きます

 

我が家は4人家族なので4本作りました

 

牛乳パックを燃やすための下準備を行います

 

アルミホイルで巻いたパンを牛乳パックにINします

 

たき火台に斜めに牛乳パックを立てます

この方がよく牛乳パックが燃えるみたいです。原理はわかりませんが・・・

 

今回はSOTOのガストーチを使って燃やしていきたいと思います

 

【ファイヤ~!!】っと言いながら牛乳パックの先端に火をつけます

この方がよく燃えるらしいです。

 

イイ感じに中ほどまで燃えてきました♪

 

牛乳パックの底までしっかり燃えていますね

 

火が落ち着いて、煙がでなくなったので完成です

 

こんがりとあつあつのホットドックができました

 

ま、まぁちょっと焦げてしまいましたが・・・

(言いすぎたかな??)

使用した道具

 

 

 

 

感想

今回はカートンドッグをご紹介しました。

新聞紙を作る方法もあったのですが、今回は使わずに作ってみました。

まぁ結果焦げてしましましたが、子どもたちの評判もよく次回もチャレンジしてみたいと思います。

手軽にできるカートンドッグ。是非キャンプの朝ごはんにしてみてはいかがでしょうか

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました